THE EMPEROR Racing

squadra corse squadra corse

THE EMPEROR Racing 戦 歴

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【THE EMPEROR Racing】設立 デビュー戦~戦歴 2014y 8月.30 31 秘話公開 【2013y以前の戦歴はT.R.Tproject戦歴ページへ】
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※あり得ない事の連続、「 Giorgio Sanna 」Automobili LamborghiniS.p.AのChief Test Drive でありながらPro Racing Driveである
彼は、近年のAutomobili LamborghiniS.p.A 躍進の立役者※【2015y以降は,Automobili LamborghiniSpaのMotorSports&Race部門のDirector & SquadraCorse CEO Bic Boss で総責任者の最重要ポストを務めるSpaの重役の1人である。】
Lamborghini各車の近代の性能の有り様には、Racing Carの最先端技術を注ぎ込む以外に道はないとこの猛牛を本物の世界最高峰のスーパースポーツカーへ
昇華させる一役をChief Test Driveである自分とPro Racing Driveである自分とを重ね。
新たなRacing,Lamborghini時代の初代猛牛のChief Test Driveとして最重要な舵取りと方向性を、革新的で尚且つ正しい道へと舵を切らせ推し進めてきた中心的人物だ。
その近年のLamborghini各車の驚異的な性能の向上を皆さんも理解して実感して頂いている事でしょう。
ドイツのアウディ社の血が、入り、ドイツとイタリアの血の融合と言う、最良の化学反応を起して見せた。
【現在では,もうこのSuper Sports Car業界の支配権の世界の構図は大きく様変わりし,その中心には必ず猛牛Lamborghiniが鎮座している事は,どのライバルメーカーも既に認めているところでしょう。】
また航空業界の技術とりわけ最新軍事技術までも投入し性能向上は更に著しく信頼性も格段に向上した。本来のあるべき姿の猛牛に昇華したのである。
その最たる分野がLamborghiniが,自動車業界において圧倒的に優位な状況を生み出している分野で現在他メーカーよりも何世代も進んでいる素材分野であるカーボンコンポジット特許技術類である。
そのターニングポイント(Turning Point)に成る最初の,1台であるLamborghini Diablo GT そのRacing VersionであるLamborghini Diablo GT-R Racingの誕生は彼なしでは語れない。
そしてその後の(Murciélago SerieS)ムルシェラゴシリーズ・(Gallardo SerieS)ガヤルドシリーズ・現行,(Aventador SerieS)アヴェンタドールシリーズ・(Huracan SerieS)ウラカンシリーズと全ての近代のLamborghini躍進の中枢で、現在も活躍中の彼を、無理は承知で、THE EMPEROR Racing Team VIP Driver に迎えたい。
そんな想いと願い【夢】。そして知らしめたい世界へ、この現代の猛牛を開発している開発陣の魂と真の実力を・・・・・・
世界中の猛牛ファンの後世に語り継がれる伝説の1戦を,是非,日本の地で・・・・THE EMPEROR Racing の要請に
Automobili LamborghiniS.p.A から、当時 Automobili Lamborghini SpA のPRESIDENT&CEO Stephan Winkelmann / CTO Maurizio
Reggiani Research & Development Director of Automobili Lamborghini S.p.A 両氏から、Lamborghiniのシンボルであるクレストの使用と共についにOKがでた。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lamborghiniの歴史に後世に語り継がれる事でしょう。
この【総合優勝】の意義は、大きい
皆さんの猛牛を製作・開発されているSpaの、現在は 【 本物のRacing 】の意味を知る人達である事の証明をして頂いた一戦でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【THE EMPEROR Racing】設立 デビュー戦~戦歴 2014y 8月.30 31
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2014y Round 3  
Round 3 Japan FSW戦 「Fuji International Speedway 」
----------------------------------------------------
Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Platinum Lain Version / # 11 
Race1 総合4位 Driver Akihiko Nakaya / ※Giorgio Sanna※ / #11  
 
Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Gold Lain Version / # 82
Race1 総合3位 Driver Hironori Takeuchi /Hideshi Matuda/#82 
  
-----------------------------------------------------------
Race2 PP to Win Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Platinum Lain Version / # 11 
【 The Winning Team Overall Win THE EMPEROR Racing 】
Race2 《総合優勝》 Driver Akihiko Nakaya / ※Giorgio Sanna※ / #11 】 2014y 8月31
Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Gold Lain Version / # 82
Race2 Driver Hironori Takeuchi /Hideshi Matuda / #82 リタイア
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※Asian LE MANS Series 2014y Round3 FSW Japan 『GT-Am』クラス優勝 The Winning Team Overall Win 2014/08/ 31 
【 Automobili Lamborghini S.p.A THE EMPEROR Racing 】
※Lamborghini Gallardo SuperTrofeo Racing で3時間と云うセミ耐久戦への出場は、史上初。しかも,初出場初優勝の快挙
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2014y Round3 Race2 《総合優勝》に続き1日で、2Race共優勝を成し遂げた。
Asian LE MANS『GT-Am』クラスのFSW Course Records FSWコースレコード樹立 FSW 1'42.617 /Course Records/2014/08/31 
【GIORGIO SANNA / AKIHIKO NAKAYA / MAX WISER 】#11
【THE EMPEROR RACING / LAMBORGHINI GALLARDO SUPER TOROFEO RACING [JPN]】FSW 1'42.617 /Course Records/2014/08/31】 
http://www.fsw.tv/motorsports/resultold/detailed/201483040912.html  
http://www.fsw.tv/motorsports/resultold/detailed/20148314091301.html  
http://www.fsw.tv/motorsports/resultold/detailed/201483140913.html  
http://www.fsw.tv/motorsports/resultold/detailed/20148314091302.html  
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2014y Round 4 
Round 4 Zhuhai International Circuit
Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Platinum Lain Version / # 11 
Race1 Retire
Race2 総合優勝 TheWinningTeamOverall Win / Driver
Race2 総合優勝 HironoriTakeuchi / Akihiko Nakaya #11
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2014y Round 5
Round 5 Shanghai International Circuit
Race1 総合優勝 WinningTeamOverall Win /
Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Platinum Lain Version / # 11 Race1 総合優勝 Driver HironoriTakeuchi #11 /Race2 総合2位 HironoriTakeuchi #11
Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Platinum Lain Version / # 1 Race1 総合10位Akihiko Nakaya #1 Race2 総合3位 Akihiko Nakaya #1
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2014y Round 6 Malaysia
Asia FINAL Sepang International Circuit  
  
Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Platinum Lain Version / # 11 
Race⒈ 影山正美が、The EMPEROR Racing Teamに,初合流が、予選PPを獲るも走路外を取られ、幻のPP。
最後尾スタートでのRace⒈「スーパーGTチャンプコンビが怒涛の17台追い抜きで総合2位フィニッシュ」をして魅せた 
                            
Race⒉ 総合優勝 Driver Masami Kageyama /HironoriTakeuchi #11 
 
Race⒉ Asia FINAL Sepang International Circuit 3番グリッドからの無類の最強の速さを見せつけての盤石の総合優勝を 飾る。
WinningTeamOverall Win / 総合優勝 Driver Masami Kageyama /HironoriTakeuchi #11 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第2回 Lamborghini Blancpain Super Trofeo WORLD FINAL 2014y開催 Malaysia Sepang International Circuit
全世界3大陸・ヨーロッパシリーズ・北米シリーズ・アジアシリーズより、50台もの猛者が、集い世界一決定戦THE EMPEROR Racing Driver
Lamborghini Gallardo SuperTorofeo Racing Platinum Lain Version / # 211 ※ゼッケンの頭の2は、アジアシリーズの識別番号、頭が1が北米シリーズの識別番号,EUシリーズは、そのまま
Masami Kageyama /HironoriTakeuchi #11 で、参戦 
予選マレーシアセパンサーキット特有の突然のスコールで、予選10分前 急遽 レインタイヤ装着とレインセットで、影山正美が、前日のAsia FINAL
総合優勝の勢いそのままに、アタック、ヨーロッパ勢・北米勢 50台余りを、完全に抑え込んでの雨の激走で、途中 TOP TIME 連発、が奇しくも、
雨が止み、レコードラインは乾きだすそんな中、全Team、スリックタイヤ装着で、賭けに出る。影山正美もスリックタイヤ装着も、ドライ路面とのタイミングが合わず。結果予選13番手に沈む。
翌日 WORLD FINAL 2014y 決勝Race⒈ 13番グリッドから、怒涛の追い上げで、総合6位フィニッシュ 世界6位と惜しいレースでしたが、それでも、Asia勢のTOPで、意地も見せた。
更にその翌日のRace⒉前日の6位の結果が、スタートグリッドになるルールで、スタート、6位スタートから、大荒れに荒れるスタートで、クラッシュ続出で、そのまま6位で、50分レースもゴール。 
         
Race⒉ も、惜しくも世界6位、もちろん Asia勢でのTOPでしたが、優勝候補の一角と、呼ばれている我が
 
THE EMPEROR Racing Team Driver Masami Kageyama /HironoriTakeuchi #11としては、満足行く結果ではなく。 
またもや、Lamborghini Blancpain Super Trofeo WORLD FINALに、何か大きな忘れ物を置いて来てしまった気持ちの残る2014yの締めくくりのレースでした。 
 
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2014y シーズン終了 
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2015y シーズン 不参戦 
 
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2016y シーズン 不参戦 
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series 2017y シーズン THE EMPEROR Racing 復活参戦 
 
Lamborghini Super Trofeo Asia Series 2014y Round ⒊ Japan Suzuka 
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
復活祭『Pascha』 THE EMPEROR Racing #19 #63 Lamborghini SuperTorofeo Asia Series Round 3 Suzuka 2017
New Car Lamborghini Huracán SuperTorofeo LamborghiniSpa Squadra Corse Special Color 
THE EMPEROR Racing Team Special "2"Car"Car No, #19・#63~1963は、Lamborghiniの設立年 神聖なワークスNo、です。
THE EMPEROR Racing Platinum Lain / #19 
Akihiko Nakaya 中谷 明彦 / Edoardo Liberati エドワードリベラティ / Version 
 Race1 総合4位 Race2 総合6位
-------------------------------------
 
THE EMPEROR Racing Gold Lain / # 63 
  
Masami Kageyama 影山 正美 / Toshihiro Kaneishi 金石 年弘 / Version 
Race1 は、総合3位で、ゴールしたものの、PIT時間を、3秒オーバーの為、4位に降格 チーム体制の不備が出た。Race2は、激走の総合3位表彰台。
2017 LAMBORGHINI BLANCPAIN SUPER TROFEO Asia Series Round3 Suzuka Japan 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lamborghini SuperTorofeo Asia Series 2017y Round 4 Japan FSW 『Fuji International Speedway』2017y 8月・18・19・20 
THE EMPEROR Racing Team『怒涛の3台体制』Drivers / THE "3"Cars" 
---------------------------------------------------------------
THE EMPEROR Racing Platinum Lain Version / # 19 
Toshihiro Kaneishi 金石 年弘/ Edoardo Liberati エドワードリベラティ / Squadra Corse Official Driver
Race1 総合3位 Race2 リタイア 
--------------------------------------------------------------------
THE EMPEROR Racing Gold Lain Version / # 63 
  
Masami Kageyama 影山 正美/ Andrea Amici アンドレア アミチ/ Squadra Corse Official Driver 
 Race1 総合4位 Race2 総合2位 
--------------------------------------------------------------
THE EMPEROR Racing Tricolore Lain Version / # 00 
Riccardo Agostini リカルド アゴスティ―ニ / Squadra Corse Official Driver
Race1 総合4位 Race2 総合3位 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【I am interested in only the first.】
Lamborghini SuperTorofeo Asia Series 2017y Round 5 (Shanghai International Circuit)2017年9月22・23・24 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016『W』GT Asia CHAMPIONS
THE EMPEROR Racing Platinum Lain Version / # 19 
※『Edoardo Liberati Squadra Corse Official Driver 』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
is the GT Asia 2016 CHAMPION
※『Andrea Amici Squadra Corse Official Driver
is the GT Asia 2016 CHAMPION
THE EMPEROR Racing Platinum Lain Version / # 19 『Edoardo Liberati / Andrea Amici 』Race1 総合4位 Race2 総合3位 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015~2016『W』 WORLD CHAMPIONS
THE EMPEROR Racing Gold Lain Version / # 63 
※『Dennis Lind・Squadra Corse Official Driver 』
is the 2016 Lamborghini SuperTrofeo WORLD CHAMPION of PRO class
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※『 Patrick Kujala・Squadra Corse Official Driver 』
is the 2015 Lamborghini SuperTrofeo WORLD CHAMPION of PRO class
THE EMPEROR Racing Gold Lain Version / # 63 『 Patrick Kujala / Dennis Lind 』Race1 総合2位 Race2 リタイア 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
THE EMPEROR Racing Evolution Team
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lamborghini SuperTorofeo Asia Series 2017y Asia Series Final Race Italy IMORA
Round 6 Italy IMORA(Autodromo Internazionale Enzo e Dino Ferrari) 2017y11.13.14.15.16
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
THE EMPEROR Racing Platinum Lain Version / # 263 『 Andrea Amici / Dennis Lind 』
※ゼッケンの頭の2は、アジアシリーズの識別番号、頭が1が北米シリーズの識別番号,EUシリーズは、そのまま
この時期のイタリアにしては珍しく大雪で2日間にわたりクローズに見舞われたIMORAサーキット、フリープラクテスも、2日間中止で、3日目で、ようやく晴れ路面も70%乾き、各車、コースイン,フリー1本目 TOP TIME を連発の、2016y Lamborghini SuperTrofeo WORLD CHAMPION Dennis Lind の貫禄の走りだ、
続くフリープラクテス2 セッション 2016y GT Asia CHAMPIONS の Andrea Amici も果敢に攻めるが、悲運のIMORA、悲劇が起きた。
魔のタンブレロコーナー200kmでの、ハードクラッシュ まだ、一部凍る縁石外のラバーで、その日5台のLamborghini SuperTorofeoが餌食に成る。
万事休すで、翌日のQualify Race1 Race2 は参戦不能Team一同凍り付いた。
※Driver Andrea Amiciの体は全身を強打してはいるが幸い無傷の軽症で済んだ。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
THE EMPEROR Racing #263 which dances IMORA the phoenix THE EMPEROR Racing WORLD FINAL IMORA Race1 Race 2
Lamborghini SuperTorofeo 2017y Let`s Go Andrea Amici & Dennis Lind 【世界2位争いの果ての堂々の世界4位の壮絶な裏側】
  
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
まず、この場でもう一度、関係者皆様に感謝申し上げます。Automobili LamborghiniSpa SquadraCorse の皆様
Lamborghini Racing Engineering imperial Gorup & Racing の皆様へ & Lamborghini Racing Engineering GDL Racing の皆様
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
もう駄目かと、思いうなだれるPIT、幸いドライバーは無事・・・しかし、マシンのダメージは、極めて深刻だ、そんな中、兄弟Teamではあるものの
このLamborghini Super Trofeo WORLD FINAL の舞台では、ライバルの5強の一角には、間違いはない ヨーロッパ最強のTeamの1つである 
imperial Gorup & Racing のBic Boss PaPaが、PITまで、来て頂き開口一番心配はいらない10時間で、フレームは完璧に治すと胸をたたいてくれた そして、ここでもまた、Automobili LamborghiniSpa SquadraCorseのメンバーが20名も奔走し、本国開催とはいえ、リアセクションを全てそう替えと言う大手術が、行われる事に、THE EMPEROR Racing &サポートTeamである、GDL Racing,も不測の事態の中、今までにはない程Team全体の結束力が極まる空気がひしひしと感じられた。
しかしあれほどの事故・・・不安は拭えない。 Asia Series Final Race をキャンセルしDriver Dennis Lindを休め
Driver Andrea Amiciは、無傷とは言え、あの大クラッシュ直後より翌朝の方が、症状は出るモノ、医師である Andrea Amiciの父に任せ IMORAを後にした。
翌朝 約束通り、imperial Gorup & Racingから、フレームが、完璧に治りマシンの骨組みは戻った。
これからが、Squadra Corse のチーフEngineeringの一人Suzuka戦から、Teamに帯同している。
SquadraCorseのAlex※アレックスを中心に15名ものSquadraCorse が、組み上げる。エンジンも、ミッションもデフも、補器類も全てNew。その頃、Asia Series Final Raceや、EU & USA のSeries Final Raceが、IMORAで開催され猛牛の甲高いNA V10の雄叫びと観客の歓喜と興奮の歓声が、聞こえてくる。
その歓喜とエキゾーストを聴きながら・・・・ 
明日のLamborghini Super Trofeo WORLD FINAL 2017yの舞台にこのプラチナカラーのしかも世界でただの1っのTeamにだけ、許された 
Lamborghini のクレストが、世界の舞台で日の目を見る為に・・・・
あの大クラッシュから24時間が経とうとする。あすまでに治るのか、治るとしても、明日早朝一番からLamborghini Super Trofeo WORLD FINALの予選【Qualify1】がある。その後数時間で、WORLD FINAL決勝 Race1が始まる。
セッティングをして、それを試す時間はない。ぶっつけ本番で挑むしかない。その夜、『 the Phpenix THE EMPEROR Racing Platinum Lain #263 』のエンジンに火が入る。PIT内で、Automobili LamborghiniSpa SquadraCorse imperial Racing GDL Racing とTHE EMPEROR Racing 30名や、他Teamのengineerまでもが、拍手喝采で、シャンパンで乾杯する騒ぎだ。でも、SquadraCorseのAlex※アレックスは、言う、【これからが勝負勝つ為のマシンに仕上げる為にあと数時間くれ】と、この日も寝ずに、ガレージに消えて行った。
翌19日朝、ハードクラッシュから、46時間後、PITには、THE EMPEROR Racing Platinum Lain #263 が、鎮座していた。
【Qualify1】20分間が始まる、Driver Dennis Lindに、予選中ではあるが、各部のチェックとNewブレーキローターの焼き入れをしながらの予選アタック6位で、予選を通過 昨年の王者ですが、この状況下で6位は、凄いドライバーです。
続く【Qualify2】は、Driver Andrea Amici が、ハードクラッシュのやはり後遺症か、13番手に留まる。
そして Lamborghini Super Trofeo WORLD FINAL 2017y Race1 開戦です。 スタート Driver Dennis Lind 、そして、この様に声を掛けました「やぁ、チャンピオン、リンド、世界中がLiveで、見ている王者リンドの走りを」この46時間で、大勢の男達が寝ずに治したマシンを信じて、アクセルを踏み抜いて欲しいと・・・・・
Lamborghini Super Trofeo WORLD FINAL 2017y Race1 ※Race1 動画「 https://youtu.be/imB0kMlxSgA 」
※Race2 動画「 https://youtu.be/zeM2fVmxjgc 」